百田尚樹

スポンサーリンク

百田尚樹「偽善者たちへ」の感想

百田尚樹氏の「偽善者たちへ」を読んでみました。 偽善者たちへ (新潮新書) この国でマスコミや政治家などが発信する偽善ぶりをぶった切るという内容です。 「偽善者たちへ」は百田尚樹チャンネルのメールマガジンから偽善を...

百田尚樹「アホか。」の感想

百田尚樹氏の「アホか。」を読んでみました。 アホか。 (新潮新書) いつもの百田作品より、パンチ力が弱いかなというのが第一印象。 ただ内容は共感できることばかり。ストレス解消できます。 アホか。は日々のアホち...

百田尚樹の「野良犬の値段」を読んだ感想

読みました!面白かった!百田尚樹氏原作の「野良犬の値段」。 野良犬の値段 その感想です。

言いたい放題で面白い!百田尚樹の大放言

炎上発言で有名となった百田尚樹氏が、あえて本の中で大放言するという痛快な本が、この百田尚樹著の「大放言」。 大放言 (新潮新書) さすが面白い。

強烈な風刺童話、カエルの楽園(百田尚樹)

これは強烈!よく本にして出版できたなと感心しました。 カエルの楽園(新潮文庫) 百田尚樹著の「カエルの楽園」は、現在の日本の問題点を取り上げた風刺童話。出版できたなと思うくらい強烈に風刺のきいた本でした。

余韻が残る名作、影法師(百田尚樹)

これも面白かった!百田尚樹の影法師。 影法師 (講談社文庫) 読み終わった後に余韻が残る名作でした。

プリズム(百田尚樹)多重人格の小説

引き続き百田尚樹さんの小説を読みました。 プリズム (幻冬舎文庫) 読んだ小説は、多重人格をテーマとした小説、プリズム。

凄まじい癌の闘病記録!「殉愛」(百田尚樹)

なにかと話題となった百田尚樹著の「殉愛」を読みました。 殉愛 癌を患った「たかじん」さんの闘病生活を無償の愛で支えた恋人の「さくら」さんが話題となったノンフィクション小説ですが、個人的には凄まじい癌の闘病記録が頭に焼...

傑作!百田尚樹の「夢を売る男」

さすが百田尚樹! 夢を売る男 (幻冬舎文庫) 百田尚樹の「夢を売る男」も傑作でした!

海賊とよばれた男(下)百田尚樹 著

引き続き、百田尚樹氏の「海賊とよばれた男(下)」を読んでみました。 で、今回は「海賊とよばれた男(下)」の感想です。 海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました