小説

スポンサーリンク

百田尚樹の「野良犬の値段」を読んだ感想

読みました!面白かった!百田尚樹氏原作の「野良犬の値段」。 野良犬の値段 その感想です。

ブロガーの小説、老人と宇宙(そら)(ジョン・スコルジー)

アメリカの人気ブロガーが自サイトに掲載していたSF長篇が書籍化されたというSF小説「老人と宇宙(そら)」。 老人と宇宙 (ハヤカワ文庫SF) 設定が面白くて最後まで読めました。

ハリー・ポッターと死の秘宝(上下) 第7巻(J.K.ローリング)

ついに「ハリー・ポッター」シリーズも完結。 第7巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」(上下)を読み終えました。 これまでの伏線がつながり、謎が明らかとなりました。 ダンブルドアやスネイプの謎も。 スネイプについては哀しい...

ハリー・ポッターと謎のプリンス(上下) 第6巻(J.K.ローリング)

「ハリー・ポッターと謎のプリンス(上下)」を読み終わりました。 ハリー・ポッターと謎のプリンス (上) 更に面白さが倍増してますね! 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」は衝撃的な展開でした。 ネタバレがあ...

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上下) 第5巻(J.K.ローリング)

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上下)」を完読。 長かったけど面白かった! ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団<新装版> 上 J.K.ローリングのハリポタ、ネタがつきませんなぁ。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 第4巻(J.K.ローリング)

もう止まらない。J.K.ローリングのハリー・ポッターシリーズの第4巻の『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(上・下)を完読。 ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)

ハリー・ポッターと秘密の部屋(J.K.ローリング)

今更ながらJ.K.ローリングの「ハリー・ポッターと秘密の部屋」を読んでみました。 ハリー・ポッターと秘密の部屋

強烈な風刺童話、カエルの楽園(百田尚樹)

これは強烈!よく本にして出版できたなと感心しました。 カエルの楽園(新潮文庫) 百田尚樹著の「カエルの楽園」は、現在の日本の問題点を取り上げた風刺童話。出版できたなと思うくらい強烈に風刺のきいた本でした。

余韻が残る名作、影法師(百田尚樹)

これも面白かった!百田尚樹の影法師。 影法師 (講談社文庫) 読み終わった後に余韻が残る名作でした。

プリズム(百田尚樹)多重人格の小説

引き続き百田尚樹さんの小説を読みました。 プリズム (幻冬舎文庫) 読んだ小説は、多重人格をテーマとした小説、プリズム。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました